スポンサードリンク

納豆でぽっこりお腹解消

便秘の原因は食物繊維の不足が大半
ぽっこりお腹の原因のひとつが便秘です。
便秘になるとお腹が張りますし、ガスもたまります。
そうすると下腹部がぽっこりしてきてしまいます。
ぽっこりお腹を解消するエクササイズとともに便秘解消もして行きましょう。

便秘の原因に運動不足などがありますが、最も多い原因が食物繊維の不足です。
食物繊維の働きは便を柔らかくしてくれ、また腸内環境を整えてくれます。
食物繊維が不十分だと、便がカチカチに硬くなってしまい、出にくくなるのです。


納豆がぽっこりお腹解消に効果あり!!
腸の中には善玉菌と悪玉菌とがあり、大人になるとこの悪玉菌が増え
腸内環境を悪くしています。そのために食事から善玉菌を増やしてあげなければ
なりません。善玉菌は大腸を刺激して腸の動きを活発にします。
便秘や下痢を改善し予防してくれるのです。

そこで善玉菌がたくさん含まれていて手軽に取り入れる
ことができるのが納豆なのです。
納豆に含まれている納豆菌が善玉菌のひとつであり、
納豆1パックにはヨーグルトを食べるのと変わらない効果があります。
納豆を食べ続けることによって善玉菌が増え腸内環境を整え
便秘を解消してくれます。
食物繊維である大豆から作られていますので
食事に取り入れることによってぽっこりお腹を解消できます。

ぽっこりお腹はガスが原因

お腹がぽっこりする原因は便秘だという人が多いです!
女性に多いのが便秘症。
お腹に便やガスがたまってしまいぽっこりお腹になってしまいます。

このガスがたまるとお腹が張ったりおならがでやすくなったりします。
またたまったガスを出そうとするおならを我慢すると有毒ガスが腸内の環境を
悪くしてまた便秘の原因になります。
これでは悪循環になってしまいます。

便秘の解消法は別に述べていますので、ここではガス抜きの方法です。


ガス抜きポーズをやってみましょう!
ヨガにガス抜きのポーズ(apanasana)というものがあります。

1、仰向けに寝て膝を抱えるようにお腹に引き寄せます。
  手はすねのあたりで組み、抱え込みます。
  頭が浮かないようにしてください。
  このとき鼻から息を吸いながら引き寄せます。
2、引き寄せた状態で5秒キープ。
3、口から息を吐きながら頭を持ち上げて顔を膝に引き寄せます。


このポーズで胃腸が圧迫され腸の働きがよくなり、
ガスが抜けていくそうです。
便秘解消にもなりますので、ガスがたまったり便秘でお腹が張るといった
場合に試してみてください。
ガスが抜け便秘解消されればぽっこりお腹も解消されますね。

ヨーグルトでぽっこりお腹解消

ぽっこりお腹の原因のひとつが便秘です!
便秘の原因にはいろいろありますが、腸の環境を整えることが何よりも大事です。

腸の中には善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌と悪玉菌とがあります。
大人になると悪玉菌が増えビフィズス菌や乳酸菌が1割程度に減ってしまいます。
腸内のビフィズス菌(善玉筋)を増やすことに悪玉菌と善玉菌のバランスが整い
便秘が解消されます。

食生活などで悪玉菌が増え便秘になると悪玉菌がまた増えるという
悪循環になりますので乳酸菌やビフィズス菌を増やして便秘解消の良循環に
しましょう。乳酸菌やビフィズス菌は大腸を刺激して腸の動きを活発にします。
便秘や下痢を改善し予防してくれるのです。

ヨーグルトは乳酸菌がたくさん含まれています
そこで乳酸菌がたくさん含まれていると人気があって手軽に取り入れる
ことができるのがヨーグルトです。ヨーグルトは様々な種類がでていますので
自分が食べやすく続けられるものを選びましょう。

朝ごはんを食べない人が多いのも便秘の原因になります。
朝ごはんを食べないと腸が活発に動きません。そんなときにヨーグルトに
食物繊維の多い果物を合わせて食べると効果的ですよ。