スポンサードリンク

ぽっこりお腹解消エクササイズ【2】

お腹がぽっこりするのは内臓が下がったから
お腹がぽっこりするの胃や腸などの内臓が下がったせいだと考えられます。
内臓を支えている筋肉が弱ってしまい今まで支えられてきた胃や腸が
だらんと下がってきてしまうのです。

ぽっこりお腹の原因である便秘に加えてこの筋力低下も女性に
多い原因ですのでしっかり解消しましょう。
これを解消するためにはお腹まわりの筋肉を鍛えることが一番。
鍛えると言っても無理をする必要はありません。少しを毎日続けることが大切です。
ぽっこりお腹を解消するためには続けることが重要です。
無理なく続けられる程度のエクササイズでも十分お腹の筋肉はつきますので
安心して続けてくださいね。

空腹時にエクササイズをすることによって内臓が活発になりますので
便秘の解消にもつながりますよ!


イスに座っての簡単エクササイズ
1.イスに両足をそろえて浅く座ります。
2.膝に本やノートなどを挟みます。(厚いものがより効果がでます)
3.両足を持ち上げて5秒キープします。

このときお腹に力が入っていることを意識することがぽっこりお腹解消
つながります。脚をあげているときは息をとめずゆっくり呼吸してください。

両足をあげてキープすることに慣れたら上下運動をしたり
左右に動かすことでさらに効果がアップします。

いつでもできるエクササイズですので試してみてくださいね。

簡単エクササイズでぽっこりお腹解消しよう

お腹がぽっこりするのは筋力が低下しているから
お腹がぽっこりしている人の原因のひとつでに筋力の低下があげられます。
内臓を支えているお腹の筋肉が弱ると内臓が下にさがってしまい
下腹部をぽっこりさせてしまいます。
ほかは痩せているのにお腹がぽっこりしているこという人は、
この筋力の低下が原因が一番に考えられます。

たいていのぽっこりお腹の原因のひとつですので、
お腹がぽっこりしてきたな。。。という人は毎日少しずつ
下腹部の筋肉力を強くするエクササイズを試してみるといいでしょう。

毎日無理なく続けられるだけしてください。1日に一気にやってしまうと続きません。
それではぽっこりお腹が解消されませんので少しずつを毎日続けましょう。
それだけで十分お腹の筋力はつきますので安心してください。


寝る前に簡単にできるエクササイズをしよう
1.膝を立てて仰向けに寝ます。
2.そのまま両足をそろえたまま上げます。
3.また元に戻します。

脚を高く上げなくても大丈夫です。膝の位置はそのままで足をそろえる
ことに意識してお腹に力が入っていることを意識するだけで十分です。
脚をあげているとき息が止まってしまいがちですが
ゆっくり呼吸することを意識してください。
これを5回〜10回自分のできる範囲でしましょう。

ピラティスでぽっこりお腹解消

ぽっこりお腹にピラティスが効果的です!
ピラティスは体のコアの部分、インナーマッスルを鍛えるエクササイズです。
普段生活しているときには使わない身体の内側の筋肉で
普段使ってる筋肉を補助したり、背骨や骨盤を支える役割をしています。

ぽっこりお腹の原因に筋力の低下・老化がありますが
内臓を支えている筋肉が弱いために内蔵が垂れさがるために
下腹がぽっこりしてきてしまうからです。
ピラティスでインナーマッスルを鍛えぽっこりお腹を解消しましょう。

ピラティスは激しいエクササイズではなく呼吸法を使い
ゆっくりした動作のストレッチのようなものなので
誰にでも簡単にできるお勧めの解消法です。

ピラティスぽっこりお腹解消だけでなく、身体全体のバランスをよくします。
身体のゆがみが解消され、自然にきれいな体になっていくので人気があるのです。